スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月27日 [23:26] オールジャンル 

とっても難しい話。

今日のネタ。

時事・スポーツ・政治に関して。
ある人物、出来事にスポットを当ててみようという企画!?記事!?でございます。
同意・反意・ご清聴、何でも結構でございます。
反応頂ければ、この上なく幸いでございます。


早速行きましょう。


・小泉純一郎 内閣総理大臣について

靖国参拝、派閥無視の意向、郵政民営化問題…
数多くの支持・批判を受けてきた総理。

私は、彼を支持します。

理由として、『口だけ政治家』で無いこと。これに尽きる。
一部、独裁者的なニュアンスを醸し出す記事・風潮ございましたけど、
トップたるもの、その位して頂かないと。

彼は、歴代総理と比較して(といっても、私が記憶にあるのは海部さん以降なのだが…)
最も『有限実行』であった。

ポスト小泉が叫ばれる中、時期総理に求めるのは、色々やってくれるより、
有限実行だけして頂ければ、私は総理を支持いたします。



・W杯
残念ながら、1次リーグで敗退した我がニッポン。
サッカーは詳しくないので、戦術・敗退の原因等解説する気も、批評する気も全く無いのですが、オーストラリア戦で思ったこと。

『(豪の)フィジカル強っ!!』

オーストラリアの選手が強いのか、日本が弱いのかは、相対的尺度がございませんので、わかりませぬ。
しかし、ど素人の私でさえ感じるのですから、選手・専門家の方々は、
更にお感じになったことでしょう。

今後、日本代表はどうなるのでしょう?
長所を伸ばすのか?短所を潰すのか?
さっぱり解りません。解らなくてもいいのでしょうがww

また、今回、若い選手が選出されなかった事、なんだか残念というよりかは、不安に感じます。
監督の選手セレクションに問題有りなのか、
有望な若い人材がいないのかは知る由もありませんけれどね。

上記のこと、踏まえてみますと、
やはり、ブラジル・アルゼンチン・イングランド…
強豪国は、しっかりしてるんじゃない? と自問自答。

死ぬ前に日本がW杯優勝なんて叶うのでしょうか?
叶うこと信じますww

あ、あと、国自体の盛り上がり、まだまだ世界に劣ると思う。
韓国なんか凄いし、欧米ではスポーツバーなんか当たり前にある。
なんだか羨ましく思ってしまう。


・巨人(プロ野球)の進む道
視聴率低下≠プロ野球・巨人の人気低減ではないこと。
皆様よくご存知だと思います。

最近では、野球中継あまり見かけなくなりました。

民法のテレビ局は、スポンサーからの広告収入から成り立っていますので、
やはり視聴率は非常に重要なファクターを占めます。
それで、野球中継で視聴率を稼げなければ、中継が減るのも自然な流れですよね。

恐らく、今後も巨人が強かろうと弱かろうと、視聴率は10%前後を推移するのではないでしょうか?
勝手な予想ですが。。。

現代では20~30年前と異なり、スポーツ=野球ではありません。
しかし、WBCの盛り上がりでご存知のように、盛り上がるスポーツであることは紛れも無い事実。

テレビ局さん、どうします?
球団さん、どうします?



・アメリカ産牛肉輸入再開
難しいな。
私なら、いつだろうと(もち、今も含め)国産の高い牛肉と、アメリカ産の安い牛肉が置いてあったら、
(財布が潤っていない限りww)アメリカ産選択します。

危険性? どっこが? 
正直、BSEに関してはマスコミを通じて『危険極まりないもの』として定着してしまった。

しかし、疑問が残る。
脊髄等の特定危険部位、BSEがあったらどのように人体に影響を及ぼすのかわかるのですか?

食に安全を求めるのは悪いことじゃない。
けれど、違った方向に目をむけていませんか?

例えば、『この大豆は遺伝子組み換えではありません』
ってよく表示されますが、私はこちらの方が危険極まりない。
だって、検査の絶対量が少ないのだから。

仮に遺伝子組み換えの大豆なら、製品として出すならば、試験に試験を重ね、
安全であることが証明されなければ流通しない。

遺伝子組み換えなら、絶対に人体に悪影響を及ぼしてはならないように検査されるから、逆に安全。

牛肉も同じでない?
何千何億のアメリカの方々に問題なくて、日本人に問題あるのですか?
遺伝子的にですか?精神的にですか?

前者なら納得、後者なら納得できないよな。


ただ、親御さんの気持ちがわからない訳ではない。
私に子供が居たら、やっぱアメリカ産は敬遠しちゃうよね。
BSEが人間に及ぼす影響について、知らないんだから。

だから、まずはこうした予測を出して頂きたい。


~まとめ~
久しぶりに意見たっくさん書きました。
何度も言うかもしれませんが、この記事は絶対ではありませぬ。
しかし、こうした意見について何か感じ取る、共感して頂く、否定して頂ければ私としては幸いです。

本日は長く書きましたねぇ…
明日は早く出勤せねばならぬから、もう寝よっと。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。