スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月20日 [08:42] オールジャンル 

公用語『英語』の余波

記事の前に。
本日は結婚式に行ってきます。

独り者なので、スーツでの出席で全然構わない とのことなのですが、
同じく参加する友人(独り者)が礼服で締める ってことなので、おとおたまのものを拝借して参加します!

ちなみに…
本日、式から参加させて頂き、且つ余興をさせて頂く(全6人)のですが、
(余興の内容は把握しているんですが)詳細が当日なのに掴めてこない。。。


ちなみにちなみに、私の余興でのお仕事は、テーブルチェックです!

mixiニュースを根こそぎチェックしていたら、こんな記事を発見!

「異常性欲大学」と勘違い、近畿大学が英語表記の変更を検討

『Kinki』が、英語で「異常な、変態の」という意味を持つ『Kinky』とほぼ同じ発音なため、教員が海外で研究発表する際に驚かれたり、笑いが漏れるといった事態が発生しているそうです。
(以上、記事より抜粋)


なるほどねぇ。
Kinkyなんて単語、今まで聞いたことなかったんで調べてみたんですが、
辞書によっては載っていない。そんな単語。
当り前か、意味的に。


これを適用すると、(※あくまでも表記ではなく発音した場合)
Kinki Kids = 異常性欲少年!?
近畿地方→ Kinki region = 異常性欲地域
近畿日本ツーリスト→Kinki Nippon Tourist Co., Ltd. = 異常性欲観光客
(↑Tourist単体の意味だと、観光客とかの意味なんで、意訳してみました)

う~ん… 言葉って不思議。
当然日本語にも英語にも落ち度はないんだけどね。
そして、私も小馬鹿にする意図はないんだけど。

テレビでもたまに△△語で○○って言葉は、日本語の□□に聞こえる とかやってますよね。
言葉は地域によって無限に変化するもの。
言葉って奥深いなぁ、凄いなぁ って感じました。
↑本日の記事で述べたかったことw


P.S.
長野とか東北とか仙台とかALC使って調べてみましたけど、
日本語の意味のみ。
当り前かww
スポンサーサイト

Re Comments.

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/21(Fri) 08:15:15 | | さん #[ Edit.]
『』 
>○○様
コメント有難うございます。

こうした世間話をお聞きし、言葉(日本人の名前選択)に対する奥深かさを感じ得ます。

よくよく考えてみても、
異国の方のお名前、
デビッドさん(英国)
ミカさん(フィンランド)
ヤルノさん(イタリア)
アイルトンさん(ブラジル)
マイケル(ミハエル!?)さん(ドイツ)

何か連想させるものあるのかな? と考えてみても、
思い浮かびません。
(何故F1ドライバー羅列?は置いといてっと)

こうした名付けでも深い日本人。
日本人で良かったな と思える瞬間でもあります。
2008/03/21(Fri) 21:37:53 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。