スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月28日 [22:49] オールジャンル 

~個人的中間評価~ NBA 07~08シーズン チーム編(後編)

管理人、無事雪山から生還してきました。

志賀高原は(あいにく!?)天候が“すさまじく”悪く、

・視界不明瞭
・強烈寒波
(・ゴーグル忘れ ←100%私のミスorz…)

のトリプルパンチでして、大変でした。


何はともあれ、行き帰りの雪道運転、ツルツル路面で大変でしたが、
私だけでなく、パーティが怪我ひとつなく帰宅できたことは(当たり前と思われがちですが…)、
素晴らしいことであると思ってます。

雪山シーズンはこれからも続きますので、楽しんでやっていきたいと思います。



さて、本日は企画モノ。
個人的NBAチーム評価、Western Conference編をお届けいたします。
~Western Conference~
各ディビジョンで1チームずつ評価。

Southwest Division
・New Orleans Hornets
Dalllas、San Antonioといった強豪を退けてのノミネート。
上記2チームを押し退けて、首位をひた走るホーネッツ。
(余談ですが、私の出身大学のアメフト部もホーネッツの名を冠してますww)

=特徴=
何といっても、スターターのバランスが良い。
最近は、
C:タイソン・チャンドラー
SF:ペジャ・ストヤコビッチ
PF:デイビッド・ウェスト
PG:クリス・ポール
SG:モリス・ピーターソン
のスターター起用。

チームのエースは、昨年の世界選手権アメリカ代表にも選出された、PG:クリス・ポール。
自らガンガン得点を取るアリーナス(ウィザーズ)、デイビス(ウォリアーズ)らとは異なり、
どちらかというと、キッド(ネッツ)・ナッシュ(サンズ)らと比較される正統派PGである。

卓越したパスセンスに加え、リーグトップのスティール数を誇る彼。
ナッシュのように決して派手さはない。
キッドのようにリバウンドが取れるわけでもない。

ただ、ナッシュよりTOは少なく、キッドよりFG%が高く安定した得点が見込まれる。
そういう意味で、大きな怪我さえなければ先10年はNBAを代表するPGといっても過言ではないと思う。


脇を固めるチャンドラー・ストヤコビッチらも彼ら本来のパフォーマンスを示す。
1人のエースに頼らない、チームオフェンス・ディフェンスが浸透しているチームであると言える。


=課題=
昨年は、オールスター前まではプレーオフ争いを展開していたが、リーグ終盤になって失速。
経験の無さを露呈してしまった。
今期の戦いが維持できれば大崩れはしないだろう。

ただ、気になった点はスタッツ分析から。
『負けるときは、極めてコテンパンにやられる』

当然、毎試合皆が皆絶好調な日は中々ないわけで。
負けるときは10点以上の差で負けることが多い。
プレーオフでは、(現段階では)ポートランド、ユタ、ゴールデンステートと当たる可能性が高い。
それぞれ若く、勢いのあるチームばかり。
勢いに負けない、タフな精神力を備えていれば、確実に強いとは思うんだけどな。



Northwest Division
・Denver Nuggets
昨シーズンAIを獲得し、メロとの強力なTop2はNBA最強。
万年Bクラス候補という汚名は返上され、地区優勝候補の筆頭である。

=特徴=
AI&メロを中心としたオフェンスは破壊力抜群。
キャンビー・マーティン・ネネィといった、インサイドプレーヤーの充実
スミス・アトキンスといった、ベテランガードも充実

典型的なラン&ガン戦術がクローズアップされるが、意外とメロを中心としたセットオフェンスも確実性がある。


↑これだけプラスの要素があるのに、独走できない。
なぜ?(課題に続く)


=課題=
・ベンチが弱い!
・ディフェンスが悪い!!
・オールラウンドプレーヤーがいない!!!

一つづつ説明。
チームの総得点のうち、AI&メロで約半分。
ベンチ… スターターの休憩埋め合わせ要員と化してる。

平均得点が100点を超えているにも関わらず、平均失点も100点を超える。
1/28現在(106.37-103.67)
ディフェンスの名手、キャンビーを擁しての結果なので、疑問符がつくところだが、
要はキャンビー以外がだらしない。
特にメロのディフェンスは…

AI&メロの得点
キャンビーのディフェンス
など、秀でている部門はリーグ随一だが、個人の課題に関してはリーグワーストに近い。
どちらかというと、『バッドボーイズ』軍団なので、精神的な何かが問題なのか? と推察。



Pacific Division
・Los Angels Lakers
言わずと知れた!? 管理人が最も愛するチームである。
現NBA最強プレーヤー、Kobe Bryantを擁し、名将フィル・ジャクソンが指揮を執る。
現在はチーム変革真っ只中であるが、今期は好調を維持。

今年こそファイナルを勝ち取ってもらいたい…
毎年思ってます。

=特徴=
何といっても、コービあってのレイカーズ。
最強のスコアラーでありながらも、最強のディフェンダーでもある。

恐らくこの方、その気になれば一人で100点以上取れそうな気がするww

ただ、今期はサポートメンバーの働きが良い。
C:バイナム(怪我で離脱中)は数年後、D.ハワードと2大センターを形成する可能性
PF:オドム 全てのポジションをこなせるロールプレイヤー。
PG:フィッシャー チャンピオン経験者。彼のいぶし銀的役割は、チームの勝利には欠かせない。

他にも、ウォルトン・トュリアフ・ブヤチッチ・ファーマー・ブラウン…
スター性こそないものの、重要な役割をはたしてくれてる。


=課題=
一番に、若手の経験。

好きなチームの課題を挙げるのは辛い。
挙げるとなると、半永久的に続きそうだから。

個人的には、ディフェンスが低俗なチームなので、SFにプリンスかボーエンが欲しい。


レイカーズには、常時、
スコア:120-110
コービ:40Pts
こんなBoxscoreを期待しちゃうんだけど。

とにかく、頑張ってくれ~
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
お久しぶりです、FTOドライヴァーです(^3^)

いやーしかし相変わらずスポーツ(野球・バスケ・F1)に関しては凄い知識ですなー!!
全く脱帽でござるよ(^_^;)
ここ数年はまともにNBAみてねーな…今度見てみよ☆ちなみに僕もレイカーズ好きです♪

P・S…マツダの新アテンザ結構良くない(>_<)?
2008/01/31(Thu) 02:54:24 | URL | FTOさん #-[ Edit.]
『』 
>FTOくん

お褒めのお言葉、感謝感謝。
Myテレビくんは、地デジ・BS・CS(1部)対応なんで、
昔より色々なスポーツが見れて大変重宝しとるんですよ。

スポーツネタは大好きなんで、今後もこの路線は継続なり。


新アテンザ?
さっき確認したさ。
すごいね、DSCもトラコンも標準装備ではありませんか!

…MTあんのかな?

新しいクルマ、
今の候補No.1は、スカイラインクーペ(6MT)なんだけど、
高価格&FRが少々ネックなんだよね。

レガシイB4や、インテR、外車 等も含め、
悩み、苦しんでるトコ。

理想は… 尽きませぬ。
あ"~ どうすんべww
2008/01/31(Thu) 23:18:16 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。