スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月10日 [20:49] オールジャンル 

~個人的中間評価~ NBA 07~08シーズン チーム編

ちと時間があったもんで、早速予定記事をupしよう!

記念すべき第1回目は、タイトル通りNBAネタと参りましょうか!
※以下、あくまで個人的見解で持論を展開致しますので、ご了承を。
今回はチーム編ということで、幾つかチームを絞ってその奮闘ぶり!? を述べさせて頂こうと思います。

~Eastan Conference~
各ディビジョンで1チームずつ評価しましょう。

Atrantic Division
・Boston Celtics
いわずもがな、今シーズン大補強を行い、最も注目されたチームと言っても過言ではないだろう。
ミネソタから、K.ガーネット
シアトルから、R.アレン

言わずと知れた2枚のオールスタープレイヤーを手に入れた。

生え抜きのエース、P.ピアースとともに、ボストン21世紀版『ビッグ3』の形成である。

私が生で見ていて、『ビッグ3』といって思い出させるのは、
○ジョーダン・ピペン・ロドマンのブルズ史上最高勝率トリオ。
○シャック・コービ・ライスの2連覇トリオ。
以上2パターンが思い起こされるのだが、上2つと比較してもバランス・ポジション、遜色ない出来である。

=特徴=
ガーネットは(活躍できることを証明した)高卒プレイヤーの元祖。
インサイドを制圧できる高さに加え、優れたパッサー・スコアリングマシンでもある。

アレンは3Pの名手。
3P成功数で歴代2位の記録を持ち、更新中である。

ピアースはウエイトオーバー?加齢?によるルーキー時のクイックネスは影をひそめたが、
それでもリーグを代表するSFである。

昨年の3名、共に20点半ばの得点Ave.を有したが、今年は共に20点弱とおとなしめ。
しかし、戦績からみると他チームを圧倒する勝率を(現在では)誇っている。

=課題=
アウトサイドからJ.ポージー、ガードの控えにT.アレンを有する控えも充実してるっちゃぁしてるんだが、チャンピオン経験者が少なすぎる!
少なくともスターターには居らず。

昨年のダラスのように、(シーズン圧倒的勝率を誇りながらも1回戦敗退)足元をすくわれないか心配。

しかし、ボストンは暑いね。
レッドソックスのワールドチャンピオンに始まり、NFLではペイトリオッツがリーグ戦無敗でプレイオフへ。
セルティックスも好調となれば、ボストンの熱狂ぶりが伝わってくるさ。



Southeast Division
・Miami Heat
あれ?こんなに弱かったっけ?

=特徴=
エース、D.ウェイドは故障上がりながらも、今までとほぼ同じパフォーマンスを見せる。
トロントからは2ndオプションとして期待のかかるR.デービスを獲得。
加えて、シャックが居て、モーニングが居て(ケガで戦線離脱。引退濃厚)、ペニーが居て… なぜ弱い?

弱さの答え、スタッツに軒並み表れていた。(Jan.09.'08現在)
ウェイド:相変わらずTO数が多い(Ave.4.61)
シャック:ケガ多し、出場時間短し(28.4min)、得点少なし(Ave.14.0)
ハスレム:PFなのに、FG%低し(.469)
ウイリアムス:FG%相変わらず低し(.388)
加えて、2桁リバウンダーがおらず。

=課題=
点はとれない、ディフェンス弱いから負ける(平均得点93.9-平均失点99.8)

怪物シャックの衰えも顕著。
レイカーズ時代は最強・最狂センターだったのにね。



Central Division
・Cleavland Cavaliers
何といっても、次代のスーパースター、L.ジェイムズ次第のチームとなってきた。
昨シーズンはFinal進出も果たし、一躍強豪チームの仲間入りに!
→レブロンが居れば のお話。

=特徴=
今シーズンもレブロンは得点(29.1)・アシスト(7.5)・リバウンド(7.40)と、チームの大黒柱。
このAve.だと、数年後はO.ロバートソン以来のシーズントリプルダブル なんて期待を抱かせるスタッツである。

ただし… 今シーズンは以前にも増してチームの勝敗がレブロンの出来にかかってくると思われ。
Z.イルゴウスカスも、L.ヒューズも、今シーズンの出来はびみょー。
ってか、はっきり言って悪いっ!!

セントラルは、Detroitが万全のロスターで定位置をキープし続けているため、
浮上のカギは… イルガス+ヒューズの出来にかかっている。

ただし、両名とも『けがしにくさ2』所持につき(つまり怪我しやすいのねん)、
ここは、成長株の2年目、D.ギブソンに期待しちゃおう!

PGとして、アシストの低さ(Ave.2.84)は致命的だが、クイックネス・得点能力はまだまだ伸びしろがある。

=課題=
先にも述べたが、レブロンのサポーティングキャストのレベル。
D.グッデン+控え⇔T.チャンドラー(NOK)辺りでトレードしたい。
グッデンのノーマークシュートの確率の低さ、これ何とかしてほしい。

レブロンは大きな故障さえなければ、確実に歴代得点ランク1~2位に輝く選手なんで、
宝を更に輝かせるサポートメンバーが欲しいんだよね…
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。