スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月12日 [22:27] オールジャンル 

アメリカのスポーツはよくできてるもんだ。

急な、且つ非常に重要な仕事が年末に入ってきて、
下手すりゃ年末までお休みを頂けないことになる可能性が高まっている、私管理人です。

今度ばかりは休日出勤を厭う部署の責任者までもが、


『休日(出勤手当が)つくから、休み出てきてくんない』

だって。

お金のために働くわけではないけれども、今月はガッポリ稼げそう。
その一方で、肉体・精神的な疲弊度は高まるばかりですな。

どこで息抜きすっか?
ま、私がんばりますよ!!

それでは本題。

タイトル通りなんですが、アメリカはスポーツファンを楽しませる 及び興行的にも最適なプロスポーツのシーズン配置をしていると思いませんか?

まずは、アメリカが世界に誇る4大プロスポーツ。
MLB:4月~10月
NBA:10月~6月
NFL:9月~2月
NHL:10月~4月

1年間、必ずどれか1つのスポーツは観戦できるというシステム。


また、オフシーズンのストーブリーグにも花が咲きます。
日本と違い、選手の移籍などに関しては、完全なビジネス志向が強く、
FA選手の移籍話には事欠きません。

放映権・収益金分配システム・ぜいたく税(サラリーキャップ制)など、
戦力均一を目指すシステム(実際はそうはいってないけど)も魅力的。

私は自称、NBA MLB愛好家ですので、毎日の個人スタッツ確認(現在はNBA)が楽しみで仕方ありません。



しかしながら、(やはり!?)いつ何時でもF1の話題にはどうしても注目。
本日は、史上最速のタクシードライバー:ミハエル・シューマッハ の話題に表情緩みっぱなしww

この話題を出した瞬間に、私完全な『ミハエルマニア』丸出しで記事致しますけど。

F1ドライバーって、実は公道での運転、全員が全員御上手というわけではないようです。
ラルフとかはバックが苦手だし、
タクマは対向車がいる公道での運転に多少の恐怖感を感じるそうです。

ミハエルは違うんだな、こりゃ。
BSの浜島さんのお話から内容拝借致しますと、
高速道路(ドイツならアウトバーン、イタリアならアウトストラーダデルソーレねww)で、
フェラーリのスポーツカーのテスト走行でのお話。

雨の中、200km/h以上のスピードでかっとばし、直前の車を スイッとすり抜けたり、
急ブレーキかけたりして車の基本性能などを事細かにエンジニアにフィードバックするそうな。

そんなミハ様。
すさまじく飛ばしただろうけれども、すさまじくコントロールされた運転なんだろうな って。
間違いなくスピード違反していますよ。
ただ、スピード違反、取締りの本来の意味合いは、

~スピード運転の危険度~

であって、理論上、統計学上、スピード出しすぎによる事故がなければ、起きなければ、
スピード違反の取り締まりを行う意味合いはないんですよね。
ミハエルにしてみれば、スピードを出すことによる危険度は、他車由来事故のみであり、
ご本人からしてみれば全く危険度はなかったことでしょう。

なぜなら、彼が史上最速・最巧なドライバーだから。


※私も含め、素人はスピード出せば出すほど、事故の危険性は増すばかりですので、
スピードはほどほどに(説得力ゼロなのは自負してますけど…)

以上、ミハエル記事が出れば出るほど、テンション上がる一方で、
記事に脈略がなくなってゆく管理人でございました。
明日も仕事、がんばろっと。
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
お久しブリーフ!
どうもFTOです(^3^)/

いやー超お久ッスね☆
久々に訪問したら皇帝の記事があったのでおいらもかぶりついちゃうぜ(>_<)
史上最速のTAXI DRIVER…良い響きだぜ…!!
彼のマシンコントロール技術を後部座席からじっくりと観察したいッスねぃ~♪
2007/12/18(Tue) 13:21:47 | URL | FTOさん #-[ Edit.]
『』 
おひさ。
元気しとっか?

自分、後部座席なんて言わねーさ。
是非是非助手席でww
2007/12/19(Wed) 01:14:09 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。