スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月30日 [22:53] オールジャンル 

Boys Be Ambitious!!

かの有名なクラーク博士のお言葉です。


私、以前記事にしたと思いますが、今年の5月くらいから、
週1回のペースで中学時代の友人らとバスケを勤しんでおります。

予約の都合から、ここ最近は屋外のストリートコートでバスケしているんですね。


本日も仕事を終わらせ、コートに向かったのですが、
10代の若い兄ちゃんと3on3をする機会を頂きました。

早速対戦!
私の中学時代のポジションは、PF(桜木花道君と同じww)
しかし、現在はSF系に移り始めております。

まあ、そんなことはいいとして…

技術的にはそんなに劣っていないものの、体力・瞬発力、
正直敵いませんでした… 悲し。


ただ、彼らとプレーしていて思ったことが1点。

彼ら、いわゆる、『セルフィッシュ』なプレイが多かったこと。



個人プレーは良くないよ!

そんな事が言いたいのではありません。


自己啓発し、意識して、個を発揮する姿に、一個人として懐かしさと、
若さを感じました。

(補足)
彼ら、ほぼパスなどせず、ガンガン1on1してゴール決めていたのですが、
攻める順番は交互に決めて、スポーツマンシップには優れていた青年たちだったとは思うぞ。


人間は一人では生きていけないし、互いへの思いやりは、これ非常に大切なことだと思います。
若い時は、やはり個性重視(度を過ぎない程度に)で、その周りから思いやり・他人に対する信頼などをコーティングしていくべきなんだろうな…

そんな風に感じました。


ま、彼らに対しては、
セルフィッシュなプレイで、いつまでも勝ち続けることは無理だよ ってこと、
ホントは教えてあげることもできたのでしょうが、
私(を含め、チームメイトの同級生、オジサン軍団)の体力が持ちませんでしたww

守るほうは楽ですよ。
少し離れて、確率の低い3Pを打たせるように仕向けるか、
1人オープンにしてでも、ペネトレイトを防ぐ意味でヘルプにいける体制を採っておけばいいわけなんで。
判ってても体が動かないもどかしさ… それに凹みますけど。


そのせいもあってか?
勝てはしませんでしたが、僅差のいい勝負ができました。

これで彼らがディフェンスをひきつけてパスなんか出したりしたら、
もうボロ負けは確定的…


どうでもいいですが、私は本日のチーム得点王でした。
(ゴール下5本、ミドル3本、3P3本)
仲間内では読まれ始めているゴール下の動き、
外からのシュート、

初対決の相手にはまだまだ使えそうだな って、嬉しくもありました。


11月には大会もあるし、体力つけてがんばらんとぁ…
こういう、見ず知らずの方々との出会い、今後とも大切にしていきたいものです。
スポンサーサイト

Re Comments.

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/10(Sat) 15:56:14 | | さん #[ Edit.]
『』 
コメントレス、大変遅れまして申し訳ございません。

>○○様
お久しぶりでございます。
スラムダンク世代だったとは初耳です。

丁度連載当時の小学生が20台を迎え、
思ったより日本のバスケが強化されていないことに多少不満ですが…(個人的にww)

今後ともお互い、スラムダンクを愛し続けましょうww
2007/11/14(Wed) 23:27:24 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。