スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月30日 [02:02] F1 

F1トルコGP個人反省会

大分『いつもの』記事の更新が遅れました。

『忙しさ』を言い訳にはしたくないんですが、やっぱ忙しい私。

ま、色々充実してるんだろうな って、完璧プラス思考で突き進んでいきます。


本日は消防の会合でして、帰宅時間も遅れました。
できるものなら、海外にすっ飛びたい(朝青龍関のように!?)気分。

それでは、裏から早速行ってみましょう!


・順位totoの結果。(内は実際の順位、赤字は正解!!)

1.ふぇりぺくん(1位)
2.キミ(2位)
3.はみるとん(5位)
4.アロ君(3位)
5.くびさ(8位)
6.にっく(5位)
7.にこ(7位)
8.ふぃじこ(9位)


はみるとんにトラブルさえなければ、上位4位までパーフェクト って流れでした。
にこの7位予想は完璧でした。
現在のチーム状況を考えれば、無難・妥当な位置づけだったんでしょうね。



・top4(キミ・フェリペ・ハミルトン・アロ)について
~ふぇりぺくん~
完璧な予選、完璧なレース、
まさしく『ふぇりぺパターン』発動にて勝利です。
酷評するわけではありませんが、このパターンが発動しなければふぇりぺくんは勝てない。

キミが1周分燃料搭載量が少なかったのも幸いしましたね。

でも、このtop4の中で最もドライビングスキルに欠けると(個人的に)評しているにもかかわらず、
このミスを誘発しやすいサーキットでのPole to Winはホントお見事。
相性 ってのもやっぱりあるのかなぁ…



~キミ~
彼の予選後のコメントで、『レースは予選で決まっていた』発言、
見ていてその通りだと思った。
予選には映っていなかったけど、第3セクターのミスさえなければ、
燃料搭載量からしてキミの圧勝に終わるはずだったんだけどね。

でも彼は自らの速さを鼓舞したい気が満々。
2レース目のエンジンで、しかも終盤。
全体のファステストを記録します。

これ、ホント意味ない。
ストレスのかかったエンジン回して、仮にトラブルが出たら、
チャンピオンシップから脱落しちゃうのに…

ミハエルも、2004年中国GPで同様にFinal Lapでファステストを記録し、
記録に名を残しましたが、この時の彼のポジションは入賞圏外の(確か)13位。
リタイアしても完走扱いになるし、失うものもないが故のFL。

やっぱりマシンのトラブル頻出もドライバー次第 だと思うんだけどな…

※個人的な見地で…
・マシンを壊しやすい!?(マネージメントが上手に思えない)ドライバー
キミ、うえばー、やるの

・マネージメント抜群なドライバー
アロ君、はみるとん、ばとん、(ミハエル)



~アロ君~
少なくとも予選Q2までだったら、フェラーリと互角に戦えていたと思う。
けど、Q3の最終アタックがハード目でトライして、偶数グリッドに落ち着いたことが、
不運の始まりだったと思う。

普段利用されないサーキットにとって、偶数グリッドは致命的。
ふぇりぺくん&キミ VS はみるとんのスタートリプレイを見ても明らか。

しかもアロ君は、奇数グリッドのくびさだけでなく、後方のニックにも先行を許す始末。

でも、レースマネージメントは旨かった。
ピットのタイミングでBMW勢の前に出ると、後はポジションキープの走り。
だって、彼にはそれしかできることがなかったから。
しかし、それを忠実に実行できるトコが凄い!!

今GPの結果から、チャンピオンシップの本命に浮上!?(個人的観測)と読んでます。



~はみるとん~
いや、あのトレッド剥離は、普段のはみるとんなら考えられない。
ここまでタイヤに厳しいマクラーレンのマシンでも、最後までタイヤを持たせるドライビングは凄いと思っていたから。

あれ、何かカーボンの破片でも踏んで、8コーナーでストレスかかった右フロントがいかれちゃった感じがするんだけど…

でも、あのままトラブルさえなければ、2回目のピット後にフェラーリ勢の前に出られたと思います。
それだけの走りは私にも感じられた。

しかし、運にも助けられたんじゃない?
9コーナーのアプローチでトレッドが剥げた ってお話なんだけど、
普通あのブレーキングでタイヤトラブルなら、リタイアもやむなし って状況なんじゃないかな?

チャンピオンになるためには、運を掴むのも必要!!
頑張れ!はみるとん!!



~その他~
今回、光った走りを見せたのは、にこ&こばらいねんの若手ドライバー。

にこはくびさを見事抑え切ったし、
こばは、もはやふぃじこを超越してるんじゃ… 評価です。

ご両名とも、大きなミスなくレースペース・マネージメントも安定していて、
見ていてNew generationの台頭を嬉しく思っとりました。


あとはBMW勢(特にくびさ)
くびさの第1スティント13周は少なすぎますが、それでも2強の一角を崩しに攻めた彼とチームは賞賛すべきだと思います。

来期のマシンにも完全に依存しちゃいますが、BMWの躍進は本当に楽しみです。


総じて…
リタイアが1台(完走扱いを除く)とのことで、波乱はもちろん起きませんでしたが、
各チームの思惑を考慮するに、非常に中身の濃かったレースだと思います。



さ、次回は全戦の内で唯一と言える『超高速サーキット』モンツァサーキットが舞台です。
『フェラーリ有利』の前評判ですが、私はそんなに差はでないと考えてます。

というのも、空力特性で変わってくるような目立った高速コーナーがないため。

ドラッグを減らす方向でセッティングをするんでしょうけど、
メカニカルグリップでしたら2強、そんなに変わらないか、むしろマクラーレンにアドバンテージがあるのでは?

次回、キミが激しくエンジンを回すようなら(そういう展開に陥ったら)、
キミのエンジン、スパで火い噴くよ。


あと5戦、ますます目が離せない展開を期待してます!!
スポンサーサイト

Re Comments.

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/31(Fri) 19:10:15 | | さん #[ Edit.]
『』 
コメント有難うございます。

>○○様
サーキット試走経験がおありなんですか。
関東在住 ってことは、つくば・もてぎ ってとこでしょうか?

私はSUGOでしか走ったことがないんですが、
いつか、つくば・もてぎでも走ってみたいですねぇ。

もし、走行会で『ST205の黒セリカ』を見かけましたら、
お声かけて頂ければ幸いですw
2007/09/01(Sat) 10:38:10 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。