スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月26日 [18:06] オールジャンル 

スポーツで過ごす1日

まずはペナント企画。
コメントにて頂きましたタイトル獲得者などの能力公開、
明日の開幕戦(まずはAチーム)と併せてお送りする予定であります。



本日は朝から体を動かしました(ってか、今日終わってないんだけどw)


朝5時から消防団。
帰ってきて、自然に息を引き取りまして(爆睡…)、
起きたら打ちっ放し。
最近はドライバーの魅力にはまりっ放し。
練習場では、200ヤードの所にネットがあり(これ以上球が進まないネット)、
このネットに当たると200ヤードオーバー。
ネット中段で260ヤード のドライブ てな感じになってるんですが、
最近、コツをつかみ始めてきたらしく、芯を外してもネットにぶち当たるようになってきました。

芯に当たって250ヤード。

真芯にスコ~ン ってクリーンヒットすると、
ネット上段~ネットを飛び越える(1度だけ)ドライブ!!(推定飛距離270~300ヤード)
あ、当たり前ですが、男子プロはもっと飛ばしますww
女子プロ並みってところでしょうか?


(従姉弟のプロゴルファーのお姉さま)○○より飛ばすんじゃない?
プロのお父様の嬉しきお言葉でございました。
あとは…

確実な方向性!!

3~4割方、左右のどっかに飛んじゃいますww





帰宅後、MLB観戦。
松坂さんのピッチングをチェック!
体調不良&試合開始の遅れのため、本来のピッチングとは程遠かったみたいですが、
結果オーライ ってやつで。

防御率もこれから改善されていかれることを期待しております。


そ、実は本題はこれ以降にあるんですね。
そのあと、ヤンキース対エンゼルス。


この試合、エンゼルスの先発はウィーバー兄弟の弟さん、ジェレット・ウィーバー
(↑私より若いっ!!)
94MPH前後のファストボールと、スライダー・チェンジアップが武器の、
エンゼルス期待の右腕です。

彼は『フォーシーム』ジャイロボーラーであるという噂が!!
丹羽政善氏が、様々な場所にて記事にされておられました。
Wikiさんでもご紹介されてましたね。


本日、実際に観戦してみました。
まず驚いたのは、ウィーバーのコントロールの良さ!
捕手が構えたミット、全く動かさない投球が数球!!

松井さんに2塁打を喰らったアウトハイのストレート、
ミットが全く動かないんで、スポーツニュースなどでご覧の方はチェックしてみてください!!


では、感想を。





………




ボールの回転が映像で確認できなかったから、
よくわかんね!


ただ、ジャイロ回転を生み出すような『捻られた』一風変わった!?リリースは確認できました。


打者が振り遅れる場面もあり、通常のフォーシームと比較して、
落ち方が少ないかなぁ… って印象。
感覚としては、藤川投手のストレートの球筋に似ているかな。
(まっすぐ、ス~ っと伸びる感じ)
彼はジャイロボーラーではないけどねww

A.RODにHRを献上したことはご愛嬌でww



ここで一つの疑問が生じる!
大変失礼な発言であることは自覚しております。



藤川さんのストレートは通用するのだろうか???


個人的にシミュレーションしてみました。



~仮定・前提~
・ウィーバー投手のストレートがフォーシームジャイロである。
・フォーシームの球速は、ウィーバー≒藤川投手
・投手、打者の条件は、日本&メジャーにおける状況と等しいとする


~仮定における背景~
ズマヤ・バーネット・リッジ・F.フェルナンデスなど、100MPHを記録する投手がストレートで抑えられることはスタッツから見ても明らかですが、
95MPHクラスの投手、速球だけで通用するのか?


~シミュレーションの状況~
阪神v.s.NYヤンキース
場面は9回裏ヤンキースの攻撃

迎えるバッターは、ジーター→ジオンビー→A.ROD
投げるピッチャーは藤川、現在絶好調!
サインはストレートのみ!


~結果~
ジーター→アウトハイのストレート。1・2塁間を破るヒット
ジオンビー→三振
A.ROD→アウトローをサヨナラ2ランホームラン


~根拠~
正直、ジーター・ジオンビーのシミュレーションは適当。
問題はA.ROD。
先ほど述べましたが、本日のウィーバーが投じたアウトローのフォーシームを、
右中間に完璧に捉えたHRの印象より


~考察~
完全にウィーバーのフォーシームジャイロ=藤川バックスピンストレートの考えを用いた。
球速が同じであれば、バックスピンストレートのほうが、
フォーシームジャイロよりも落下幅が若干落ちないはずなんで、こうした結果と致しました。


ただ、完全に机上の空論。
高めの真っ直ぐなら、どうなるかも判らん。

んが、個人的空論としては面白かったと思います。



さ、そうしているうちにモナコGP、土曜フリー走行スタート!!
おい… 路面濡れてるし…
明日の天気も良くないみたいだし、私の人生初の『雨のモナコGP』
これが見れるのか? 明日が楽しみですww
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
能力公開の件ありがとうございます。

GG賞はテキトーなんですね^^;実際、ペナントでもマイライフでも『エッ!?こんな選手が!?』という風になるのが多々ありますからね^^;

さて、本題。
あっ、ちなみに、自分。大のメジャーリーグファンであります。

ジェレット・ウィーバーがフォーシームジャイロボーラーであるかもしれないという件は有名ですね。
っとと、その前に
>ズマヤ・バーネット・リッジ・F.フェルナンデスなど…
F.フェルナンデス→F.ロドリゲスの間違いではないでしょうか?


と、こんな話は置いといて、”藤川のストレートはメジャーでも通用するか?”これは野球好きの人なら誰もが気になっていることではないでしょうか。現に僕も非常に興味があります。

結果のジーターヒット、ジオンビー三振、A-RODホームラン。これは本当にリアルな結果ですね。
ジーターは外の球をお得意の流し打ち。(それも詰まりながらもライトの前にポトリww)
ジオンビーは振り回すだけで三振。
そしてA-RODはウィーバー同様アウトローの球をカキーンと。

ちなみに、藤川とA-RODはWBCで対戦していますね。高めの球に詰まりながらもセンター前サヨナラタイムリーでしたっけ。
M-czar.F'everさんが仰る通り高めのまっすぐならどうなるか分かりませんし、机上の空論トしてはとても面白い企画でした。

まぁ、文面(文と文のつながり)がおかしいところが多々ありますが何が言いたかったのかというと”自分は大のメジャーファンなのでこれからもメジャーネタを扱ってください”という事です>ソコ?


2007/05/26(Sat) 19:42:21 | URL | 藍尽さん #X.Av9vec[ Edit.]
『』 
フォーシームのジャイロボール(いわゆる茂野ごろー君のやつ)っていうのは空気抵抗が普通のボールと違ってすくないため初速終速の差がすくなく、「打者が思ったよりも速くベースに到達する球」で、実際にはふつうのストレートのほうが落下はすくないです汗。揚力受けませんし。パワプロやらではホップしてますが。
んで藤川のストレートは回転軸の傾きがほとんどないため揚力が普通のストレートより大きいく、実際に「ふつうのストレートより落ちない=伸びる球」なんですよね。
これに加えて藤川は球持ちがいいため速くみえるらしいです。
ちなみに実際には初速と終速の差はクルーンのほうがいいらしいです汗。

まあ自分が定義したり、実際に計測した話ではないんで適当な部分もありますが。

ある意味藤川のストレートはジャイロボール以上かもしれません。


あ、ついでに全日本威圧感について。
いろいろ考えてインローにボール球(スローボール)を投げ続ければ被安打0を維持したままボール球に手をだす打者からアウトカウントをとれる、ということでやってみましたが、四死球35でもリーチかからず汗。無理です。
けっこうはずし目に投げて4イニング投げて失点0の回が2イニングあったのでノーヒットノーランのほうが狙えるくらいかと。
あきらめて素直に木乃葉から狙います。はい。

ついでのついでに。
黒木がMVPとはかなり意外爆。
他のマイライフ投手に比べれば高いのといえば野手能力くらいでしょうに。
カミソリ(オリ変)持ちなのがよかったのかもですが、まあ運がよかったですね。
ちょっといたたまれない汗。
2007/05/26(Sat) 23:10:22 | URL | あきさん #JalddpaA[ Edit.]
『』 
お疲れあーす!
&お久ッス☆

どうもどうも、久々にコメントのFTOデッス(^3^)

スポーツに費やす1日…いい響きじゃないすかw
社会人野球も4月からシーズンインしたんで、おいらもスポーツには事欠かない生活を送っています☆
…でも最近は雨でよく中止になってんだけどね(笑)
2007/05/26(Sat) 23:37:57 | URL | FTOさん #-[ Edit.]
『』 
コメント有難うございます。
ただいま、飲み会から帰還ですww

コメントレス、長くなりそうなんで、別々に分けさせて頂きます!!



>藍尽様
机上の空論ネタ、お気に召して頂けたようで何よりです。

ウィーバー投手に関しては、本日始めて生で見たんで、少々感動して記事にした次第です。

え~と、F.フェルナンデス。
『キングフェリックス』と言ったほうが宜しかったでしょうか?
マリナーズの怪童右腕です。

100MPHオーバーの投手は、私の手持ちの資料ですと、
現役・OB含めると80名以上いらっしゃいます。
その中でも特徴的な選手を選んだつもりだったんですが…
キングフェリックスは、松坂さんとの投げあいで、
1安打完封ってインパクトがでかかったですしww
紹介させて頂きました。


ちなみに…
F.ロドリゲス→
①フェリックス・ロドリゲス投手?
②フランシスコ・ロドリゲス(K.ROD)投手?

フェリックス・R投手は確かに100MPHを記録しておりますが、
フランシスコ・R投手は、MAX99MPHですよねww

いずれにしても、もう少し判りやすい投手、
(ランディー・コロン・バーランダー・ファーンズワースなど)を選んだほうが無難だったかもしれませんね。
大変失礼致しました。


WBCの件。
あの高めの真っ直ぐ、確かにA.RODを三振には取れなかったんですよね…
両者共シーズン前で、厳密な事は言えないんですがww

それにしても、ジーターの流し打ち・ジオンビーのブンブン丸ぶり、
何か、私が意図したような回答を頂けて、大変光栄です。

ま、要するにそれだけ本日のA.RODのHRは、
私の中でインパクトを与えた瞬間だった ってことなんですがww
2007/05/27(Sun) 01:58:27 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
『』 
>あき様

大変失礼致しました。
ご指摘有難うございます。

>球速が同じであれば、バックスピンストレートのほうが、
>フォーシームジャイロよりも落下幅が若干落ちるはずなんで
↑本文引用。

仰るように私の記事、言ってること全くの逆。
4シームジャイロのほうが、理論的には20cm下を通過しますものね。

お詫びして、訂正(編集)しておきます。


クルーン投手の初速・終速に関して。
私も存じております。


でも物理的におかしいと思いませんでしたか?

ホーム到達までにかかる回転数
→ク:43回転 藤:45回転
回転軸
→ク:10° 藤:5°
マグナス力(同一球速の場合):藤川>クルーン

球速(MAX)
→ク:161km/h 藤;155km/h

初速・終速の差が出る要因としては、
投手の腕振りの速さ・ボールの回転数・空気抵抗・重力以外にないはずですから、
上記データを比較検証すると、
クルーン投手のほうがボールにかかる空気抵抗は大きくなるはずではないでしょうか?
→初速・終速差は大きい!?

しかし、データはデータなので、素直に信じようとはしておるんですが…
(走行中のクルマの窓から手を出すと、
30km/hと60km/hでは後者のほうが手にかかる空気抵抗は大きいですよねww これと一緒)

私の物理的思考がおかしいのか、
はたまた計測自体に問題があるのか、
両者のリリースポイントに大きく差があるのか、
理由はさっぱりですww

明確な理由をご存知の方がいらっしゃれば、
是非ともご教授願いたいものですが…


>威圧感
検証お疲れ様です。
一応『連続で四球』との情報があったもんで、
何が何やらさっぱりなのが現状。

仮に四球連発で取得可能なら、1イニング∞に点数が取れる実力がある方のみの挑戦になりそうですねww
(1イニングにどれだけ点を取られても、その裏にコールド勝ちが可能なためww)



>企画
各チーム打者成績が良すぎて、投手成績は正直パッとしないんですよww
(徳川投手の防御率2点台は、ホント別格!)

黒木投手も、勝率こそ10割ですが、
実は防御率4点台だったりします。

COM側もMVP選ぶのは大変だと思いますよww
(全選手能力拮抗のため)
2007/05/27(Sun) 02:31:32 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
『』 
>FTOくん

おうおう、あれ以来だね。

ってか、青森遠すぎ!!
今度はこちらに来なさい! (どっかで繰り返したことのあるようなセリフww)

社会人野球か。
失礼だが、キミが野球やってる姿を私は全く想像できん!!

うむ、音信不通だったんで、何かと心配だったが、
元気そうでなにより。
2007/05/27(Sun) 02:35:56 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
『』 
>え~と、F.フェルナンデス。
>『キングフェリックス』と言ったほうが宜しかったでしょうか?

F・フェルナンデス。
あっ、SEAの先発陣で唯一計算できる彼ですか>コラ
SEAなんて弱すぎて眼中にないんですっかり忘れてましたよ>マテ

F・ロドリゲスはK-RODのほうです。実際に100MPHを出したことはありませんが、フォームといい、スライダーの速さといい体感速度はゆうに100MPHを超えているのではないか?ということで彼をだしてみました。
球速表示だけでいうと一番速いのはバーネットでしょうかね(計測ミスであるとして認められませんでしたが)。


ではでは、タイトル獲得者などの能力公開と開幕戦、楽しみ待っております。

2007/05/27(Sun) 14:08:51 | URL | 藍尽さん #X.Av9vec[ Edit.]
『』 
コメント有難うございます。

>藍尽様
今年のシアトルはここ数年ほどの弱さは全く感じられませんよww
現在貯金生活ですし、ワイルドカード争いも2番手!

(仰るように、フェルナンデス・ウォッシュバーン以外のスターターは防御率ボロボロですが…)

今年は(セクソン以外)打撃陣が頑張っていますよね。
個人的に嫌いなチームではないので、ワイルドカードで残ってほしいって願望はあります。
(厳しいかなぁ…)


んで、今現在、記録として残っているMLBの最高球速所持投手ですが、
A.J.バーネットとJ,ズマヤが104MPHの記録を所持しております。
(仰るようにバーネットの記録は疑惑ありげでしたがww)

一応スターターとリリーフの違いこそありますが、
バーネットが100MPH以上を記録した試合は、
104(1)・102(1)・101(3)・100(2) (内は回数)
であるのに対し、

ズマヤは、
104(4)・103(5)・102(13)・101(10)・100(8)
と100MPH以上を40試合以上記録しております。

このデータより、私個人としては現在の最速王はズマヤ って思っております。


2007/05/27(Sun) 18:08:09 | URL | M-czar.F\'ever@管理人さん #-[ Edit.]
『』 
>クルーン投手のほうがボールにかかる空気抵抗は大きくなるはずではないでしょうか?

これは間違いないと思います。
ただ初速、終速については
・マウンドまでの到達時間によって減速時間も多少減ること
・投げる角度の変化によって重力から進行方向にうける力の大きさの変化がマウンドまでの距離変化に対して大きいこと
も多少影響があるかなーとか思います。
上記2点では球速が速く、藤川より角度があるクルーンのほうが有利かと思います。
まあどちらに関してもかなり微量っぽいですが、自分にはこれくらいしか思いつきません汗。

あとは初速の測定方法があんまりよくわからないのではっきりいえませんが、ボールが離れた瞬間をきっちり測定できず、手の振りの速さが測定されており、リリースの分がはいってないとか。

まあふと思いついた話なんであやしいもんですが爆。考えのたしにでもなれば笑。


黒木に関してはだいたいそんなもんでしょうね。自分のチーム同士を対戦させてみたりしたますが、打たれまくってますし汗。
2007/05/27(Sun) 22:03:29 | URL | あきさん #JalddpaA[ Edit.]
『』 
>あき様
コメントレス恐縮です。

>・マウンドまでの到達時間によって減速時間も多少減ること
キャッチャーミットまでの到達??でしょうか?

失礼ながらも、これは全く影響ありません。
なぜならば、161km/hと155km/h、
マウンドからホームベースまでの18.44mでどれだけの到達時間の差があると思いますか?
前者が0.412秒、後者が0.428秒。

その差0.016秒。
人間の瞬きの時間が0.25秒とされていますから、
ホント一瞬しか違いません。

また、物理を学ばれていればご存知かも知れませんが、
『作用・反作用』の法則により、
より進行方向に強い力で働く物質(作用)に対して(クルーン>藤川)は、
より強い空気抵抗(反作用)が働くため(これも微量)、
上記記載、ボールの回転数、及び軸の角度からも、
到達時間に関しては=(イコール)な関係を見出せるのではないでしょうか?
(あくまで私の私見ですけどww)

そうそう、仮に二人が同じ球速、
150km/hを投げていると仮定したときは、
完全に成り立ちませんよね?



>・投げる角度の変化によって重力から進行方向にうける力の大きさの変化がマウンドまでの距離変化に対して大きいこと

これも失礼ですが全く事実は異なります。
重力をF、重力加速度をg(およそ9.8)、
重力のかかる物質の重量(ここではボール、の条件は等しいため定数値)をmとすると、
垂直方向に働く力(重力)は、
F=mg が成り立ちますし、
Fは運動エネルギーと静止エネルギーの和ですから…


なんだか物理の授業みたいですねww
簡潔(じゃないか…)に申し上げますと、
両者のリリースポイントの違いはせいぜいあって2度3度。
cos(2~3)°≒0.9993~0.9986倍の重力差しかありません。

だから謎なんですよねww
私も物理が専門ではないし、所詮は10年近く前の知識なんで、
あんま偉そうなことを言えたたちではないのですが…


ただ、サンプル量が1球だけでないことから、
信憑性は感じ取れます。
(と信じています)

ホントに極限まで知りたくなったら、物理専攻の教授に尋ねてみようと思います。
話がこれ以上厄介にならないうちにやめましょww
有難うございました。
2007/05/29(Tue) 00:52:24 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。