スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月13日 [20:40] F1 

スペイン『schumy』GP

>さ、いよいよ本日はスペインGP決勝。
私は購入したてのWoooちゃん+フジテレビCS放送にて初めてGP観戦です。

(人様を批判することは好きではないのですが)
マッチの解説・曰くありげなオープニング・コマーシャル有りの編集(仕様なんでしょうがない)
これら、皆排除!!

昨日も予選を観戦していましたが、オープニングは『Truth』!!
何よりも、生中継!!! ってとこが惹かれます。


このフジCSでF1を見るためにWoooを購入したといっても過言ではないかもしれません。


さ、本日のタイトル、曰くありげでしたね。

そのとーり!!
今スペインGPには、史上最強・最速であり、人気・実力も、人としての素晴らしさも、
全てを持ち合わせ、昨年私を始め、多くのファンから惜しまれながら引退された、

赤い皇帝、Michael Schumacher が引退後始めてパドックに姿を現しました。
このスペインGP、私にとってはアロ君のためのGPではなく、
ミハエルのミハエルによるミハエルのためのGP となっております。

いやぁ、そのお姿、全く変わっていません。

予選3位に落ち着いたキミに、
『Hi Kimi! Please change your seat to me!!』
な~んてドライバー変わって、
スタートしたら、はみるとんをやっつけ、アロ君を豪快にやっつけ、
怖気づくフェリペ君を悠々自適に交わしてそのままフィニッシュ!!

ホントにできちゃいそうで怖いですww


さ、ふぇりぺ君・きみ。
皇帝の御前試合、無様なレースはできませんよww
たとえ、アロ君のホームGPであろうと、皇帝の前では負けは禁止です。
はみるとんは大好きだけど、今回は少々遠慮して頂きまして…

1.ふぇりぺ君
2.きみ
3.はみるとん

こんな感じで如何かな??


(以上、管理人の根拠のない戯言でございました。)
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
ライコネン…orzでした…

結果はご存知だと思いますが、ここでは、一応隠します。

オープニングはなかなか面白かったですが、排除っすか。

まあ、あのアニメ的オープニングは批判が多いようですし、僕も気にいってませんね。

TRUTHはやはり良いです。普段、記事を書く時にもTRUTHを流しながら書いているので、
僕はそれだけ好きです。

>Hi Kimi! Please change your seat to me!!

引退したばっかりなのに早いっすよwwww

復帰して欲しいと言う気持ちもありますが、
流石にあの2人がドライバーですので、もう
ちょっとまっても良いかと。

>今スペインGPには、史上最強・最速であり、人気・実力も、人としての素晴らしさも、
全てを持ち合わせ、昨年私を始め、多くのファンから惜しまれながら引退された、

僕も大好きなシューマッハ様ですが、彼は、
ちょっと喧嘩っ早い性格だと聞いた事があるんですが…

セナと喧嘩したりとかそう言うことを聞いた事が…
2007/05/14(Mon) 19:10:10 | URL | ナレイン・ジョーダンさん #yQqURgQI[ Edit.]
『』 
>ナレイン・ジョーダン様
コメント有難うございます。

よほどのことが無い限りは、リアルタイムで逐一結果を知っておりますので、
お書きになっても構いませんよ。

1日経過しているため、ネタバレにもなりませんしww


え~と、地上波オープニングの件。
私の記事の書き方が悪かったですね。
この『排除』ってのは、
CSだと『カットされてますよ・ないですよ』
の意味ですね。

巷で色々言われているオープニングですが、
私にとっては、レース中継さえ通常なら、他は別にど~ってことはないんですよww


ちなみに… 『批判』は大概マッチさんに対してであります。
CSと地上波の違いについては、本日記事に致しますから、お楽しみにww

あ、ミハエルがシート変わればいいのに…
的発言は、完全に私の脳内妄想ですww

ってか、今回の記事は、半ば妄想が入り乱れておりますww

ちなみに…
ミハエル、現状では復帰は99.9%ありえません
仰るように、復帰できるはずがありません。

そもそも、F2007でのテスト走行がないミハエルが、
金曜フリー走行×2+土曜フリー走行で、シート合わせから始まり、
マシンセッティング、車のフィーリング、タイヤの挙動、
全て網羅できるはずがありませんものねww


>喧嘩っ早い性格
全く違いますよww
セナと接触があったとき、むしろ怒っていたのはセナのほう。

コクピットの中のミハエルは、至って沈着冷静。
勝つため・速く走るための最善の方法だけを考えてレースする、そんなドライバーです。

私が本格的にF1を見始めた1998年以降、
ミハエルが他車との接触で(多少!?)熱くなったのは、次のケースのみです。

・1998年、雨のベルギーGP
非常に危険なブレーキテストを行ったクルサードに対して。
(あれは誰がどうみてもデビクルが悪いっっ!)
・2000年、オーストリアGPゾンタに追突され、1コーナーでレースを終えたとき
(あれもどう見てもゾンタが悪いっ!)
・2005年、ベルギーGP
タクマと。
無理矢理なオーバーテイクを試み、止まりきれずに接触と相成った彼のヘルメットに軽くコツンと。
(あの路面・あのタイミングでのイン側侵入は、ムボーすぎっ!!)

んが、彼はレース後のインタビューで、
接触したドライバー(Aとする)については、
『Aは~してくれればよかったのに』
的な発言が多いんですね。

ミハエルが喧嘩っ早い… ありえませんよww
ちなみに私が知っているドライバーで、
接触時に感情むき出しになるドライバーは、
・アロ君
・もんとーや
・らるふ

彼らは顕著ですww

長くなりましたが、以上にてコメントレスとさせて頂きます。
2007/05/14(Mon) 22:38:11 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。