スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月14日 [13:58] F1 

第3戦バーレーンGP個人的プレビュー

2週連続開催となるF1サーカス。

次なる舞台は、バーレーン・インターナショナルサーキット。


2004年から開催され、早4回目の開催となりました。

サーキットデザイナーは、かのヘルマン・ティルケ氏。
最近のサーキットは、殆ど全て彼の事務所がデザインしたサーキットであります。


今回は前回無残にも砕け散ったレース展開予想はやめときましょ。
明日辺りに時間があれば順位予想でも。


最新の金曜フリー走行2の結果でも。



順位 ドライバー チーム ベストタイム 周回 平均速度(km/h)


1 キミ  フェラーリ 1'33.527 33 208.316
2 はみるとん マクラーレン・メルセデス 1'33.540 33 208.287
3 くびさ BMW 1'33.732 37 207.860
4 ふぇりぺくん  フェラーリ 1'33.772 28 207.772
5 アロ君  マクラーレン・メルセデス 1'33.784 30 207.745
6 アレックス ウィリアムズ・トヨタ 1'33.973 26 207.327
7 ニック BMW 1'34.076 34 207.100
8 ニコちゃん ウィリアムズ・トヨタ 1'34.189 34 206.852
9 デビクル レッドブル・ルノー 1'34.359 32 206.479
10 ヤルノ トヨタ 1'34.366 33 206.464
11 るーべんす Honda 1'34.391 28 206.409
12 こばらいねん ルノー 1'34.585 33 205.986
13 あんそにー SUPER AGURI Honda 1'34.595 29 205.964
14 うえばー レッドブル・ルノー 1'34.677 24 205.785
15 ふぃじこ ルノー 1'34.796 34 205.527
16 タクマ SUPER AGURI Honda 1'35.001 35 205.084
17 りうっちー STRフェラーリ 1'35.268 38 204.509
18 らるふ トヨタ 1'35.427 29 204.168
19 すーてぃる スパイカー・フェラーリ 1'35.582 31 203.837
20 スピード STRフェラーリ 1'35.687 34 203.613
21 アルバース スパイカー・フェラーリ 1'35.835 30 203.299
22 ばとん Honda 1'36.079 19 202.783


先週同様、2強にBMWザウバーが絡んでくる争いになりそうです。


従って、上位勢にトラブルがない限りは、7位8位のポイント争いが焦点になってきそうです。
個人的私見では、ルノーvsトヨタの争い。


ルノーは一気に弱くなりましたね。
・ゴーンさんの開発費縮小問題
・BSタイヤへのスイッチ(マクラーレン・BMW勢は無難に対応できているのに)
・絶対的エース、アロ君の移籍

様々な要素が重なり合って、現在に至っていると思われ。


以下、個人的私見を。
昨年のマクラーレン、キミ&もんちゃんという、強力なラインアップにもかかわらず、
トラブル頻出・スピード不足は顕著で、選手権争いに絡むことはありませんでした。

しかし、今年はどーした!!
アロ君もはみるとんも、大きなトラブルは無し。
近年の『ガラスのマシン』と呼ばれたマクラーレンの面影はない。

長年続くフェラーリの信頼性と比較しても遜色ない状態。

こりゃ、チームというよりは、ドライバーの力量に関わってくるんじゃない?


そういう意味では、アロ君は賢くて、クルマに優しい運転ができる。
はみるとんもそうかもしれない。

ただ、それじゃミハエルには絶対に追いつけない!!(結論は結局ここに落ち着く)


ミハエルの場合、アロ君と絶対的に違うこと、
それは、ポジションをコンサバに守り、選手権でのアドバンテージを得にいくアロ君に対し、ミハエルは、
『全戦勝ちに行く』

この姿勢を引退するまで崩さなかった。
確かに、オーバーテイクはリスキーな行為ではあるけれども、
ミハエルは卓越した技術で、それを可能にしてきた。

だから、トップに立っているときは、勝ち狙いでスムーズな運転していたけれど、
ポジションが2位以下なら果敢にプッシュした。

だから私はミハエルが大好きだったのである。


最後は懐かしき思い出を語ってしまいましたが、
やっぱF1って見ているだけでも(って見ることしかできないけど)面白いよね。
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
こんばんWA、青森の白い彗星・FTOです(^3^)

そーいやあれよあれよという間にバーレーンGPでござぁすな~。
きっと今回も夜勤にぶち当たって見れないんだろぅな~…(T-T)

>スラダンネタ
…確かに河田兄だったねw
なんかポールの話し出てたから記憶がねじ曲がっちゃったみたい(笑)
いや~…ヤマオー戦は熱かった…!とにかく熱かった!!
ナガレカワvsエージとか赤坊主vs河田兄とか…。
個人的にはヤマオーのゾーンプレスを突破した終盤のリョータ・三井コンビのシーンは泣けた…。
吐きそうになりながらも3P入れてくるミッチー…最高です…(T-T)

「ドリブルこそチビの生きる道なんだよッ!!」
2007/04/16(Mon) 02:23:02 | URL | FTOドライバーさん #-[ Edit.]
『』 
コメ返し遅れてスマヌ。

バーレーンは面白かったねぇ。
次戦、スペインGPまでインターバルがしばらくあるから、
一人反省会は時間があるときにでも。

ヤマオー編は、事実上の最終決戦だったから、
やはり印象度は大きいねぇ。

しかし、試合の中で好きだったのは、
実はしょーほくvsりょーなん だったりするんだよね。


メガネ君の3Pには、何度涙しかけたことか…

不朽の名作であります。
2007/04/18(Wed) 00:58:59 | URL | M-czar.F'ever@管理人さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。