スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月22日 [23:08] 企画 

あの時私は若かった~その2~

書いていて面白かったので、この連載、企画モノに昇格しました。


だいがく1ねんせいの続きから。

夏休みには、私は免許を取得しに自動車学校へ!
大学の休みは、8月に補修が少々あるだけで、8・9月とほぼ2ヶ月もお休みとなります。

そのため、当時の生活スケジュールは、

7時起床→自動車学校(以下車校)へ!
16時頃、車校終了
17時頃、バイト→日付変わって2~4時頃帰宅→ボーリング大会
7時起床… (繰り返し)

若者の特権!
超ハードスケジュール!


ちなみに…
私は、1ねんせい・前期だけはすこぶる優秀な学生でございました。
成績表中、8割方A評価で埋めました。

↑これに気分を良くした&バイトに精を出しすぎた 理由で、
『勉強しなくとも、いい成績が取れる!』
と見事勘違い。

お勉強しなくなってしまいました。
私がスゴイなと思うのは、当日テスト前3時間の勉強でA評定をゲットしてしまうという、ありえないチカラ。
もちろん、それ以上に多くの単位を落としたことも事実ですがww



~だいがく2ねんせい~

2002年、サッカー日韓W杯の年。
そして、恐らく人生で最も楽しく・激しく・苦労して・笑って・泣いた年。
特に、この年年末には数々のドラマを産み出しました。
(後程記事にww)

この年、最初の出来事は、バイト先の閉店に伴う店舗移籍です。
(私のバイトしていたダイニングバーは名前は伏せますが、一応全国チェーンです)
仙台駅前の某店に移籍することになりました。

当時移籍先の店は、上級キャスト(店員さん)が根こそぎ抜けて、店の運営が大変だった(と聞かされてた)ため、
移籍した人間は、店の経営安定・ホスピタリティの向上に努める必要がありました。
(総括する人間、ホール、バー、キッチン、それぞれスペシャリストが揃っていたのが大きな要因ですが)

私もバー部門に関しては、おおよそ信頼感を得られていたため、
バー関連の仕事は、ある程度全体の中心となってこなしてきました。


新しい店にも慣れ、店が何かイイ感じになって来た時、
W杯がやってきました! きちゃいました!


仙台にやってくるのは、死の組と謳われていた、
アルゼンチン・イングランド・スゥエーデン・カメルーン (だっけ?)
試合当日なんか駅前、もう人・ヒト・ひと!!

当然、外国からのお客さんも多くいらっしゃるわけで。


何気に(かる~く)英語なんか駆使してみたり。
相手は日本語がしゃべれません。
ホント、国際交流でした。

一番嬉しかったのは、メニューに無い『コスモポリタン』っていうカクテルを注文されたときの話。
ウォッカ30mL+クランベリージュース10mL+ライムジュース5mL+コアントロー(オレンジの皮のリキュール)10mL
上のレシピ(あくまで目安量)で作るんですが、
作れることを英語でお客さんに説明し、その調合の配分まで説明しました。

尚且つ、『So good! Thank you very much』と言われ、ナイショでチップを頂いた事、
凄く嬉しかったし、今でも印象に残っています。


また、アルゼンチン・スゥエーデン戦後の、両国サポーターが店に来たときはどうしようかと思った。
サポーター同士、乱闘になったらどうしようかと、マジでびびってたww


こんな中、超激忙の中私はひたすらバーでカクテル類を創ってました。
ホント、ひたすら作ってた。
あの忙しさ、神がかり的! 



またこの年、人生の中で最も熱く燃え滾る恋もしてましたww
そう、管理人の伝説の(お笑い!?)クリスマス。


本日はこの辺でストップ!
憎らしい場面でのストップで、殺意を覚えないように宜しくお願い致しますww
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ©Plug-in by PRSU

    ご自分でBGMを設定できます。 音楽をお聞きになりながら、記事をお読み頂くのはいかがでしょうか?

    一言、何かあれば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。